triptimes

現地スタッフによる伊豆の観光情報メディア

アミューズメント&体験

恋人岬近くの西伊豆・土肥で陶芸ろくろ体験ができる「さいずの窯」

投稿日:2020年1月13日 更新日:

さいずの窯は恋人岬の近くにあります
Photo by さいずの窯

こんにちは。編集部のきらりです。今回は、西伊豆の海辺にある陶芸体験工房をご紹介します。

「さいずの窯」は国道136号線沿い、恋人岬から車で2分の好立地にあります。

西伊豆の綺麗な海景色とともに、旅の記念や趣味の入口として、電動ろくろでの陶芸体験にチャレンジしてみましょう!作品作りに没頭する時間は何とも言えない癒しのひと時ですよ。

家族や恋人、友達など、大切な人と楽しんでみましょう。突然の雨で予定変更…という時にもおすすめです。

 

【1】「いずたびを見ました」の一言で特典あり!

「いずたびを見た」と伝えると、体験料金10%オフになります。

さいずの窯は、旅館ホテルの客室に設置している、観光情報ファイル「いずたび」に掲載されています。

 

【2】さいずの窯をお薦めする3つの理由

1.電動ろくろ専門
「てびねり」や「絵付け」などの多彩なコースはなく、「電動ろくろ体験」に特化した専門工房です。

2.匠の技
専業ならではのノウハウ、技術で、初めてろくろを轢(ひ)く方にも、わかりやすく丁寧に指導してくれます。今まで3万人以上を指導してきた先生だから、遠慮せずに何でも聞いてみましょう。

3.少人数制
全8席の小さな工房ですので、お客様との距離がとても近く、アットホームな雰囲気で楽しく体験ができます

また、工房の先生は西伊豆生まれなので、定番から穴場まで、お薦めの観光スポットも教えてくれます。

 

【3】海を眺めながらの陶芸体験

シンプルで飽きのこない風合いの陶器が作れます
Photo by triptimes

伊豆ではたくさんの体験がありますが、西伊豆で陶芸体験ができるところは数少ないのです。

さいずの窯は、恋人岬の近くにあり、海を眺めながら楽しめる工房です。電動ろくろ専門で、全8席と少人数制。長年、陶芸の修行を積んだ先生が、丁寧に教えてくれるので初めての方も安心してチャレンジできます。

アットホームな雰囲気の中で、自分だけのオリジナル作品作りに挑戦しよう。旅の思い出がさらに深くなることでしょう。

 

【4】人それぞれのペース、楽しみ方で

陶芸をするスタンスは人それぞれです。技術の向上を目指して貪欲に取り組む方もいれば、楽しくワイワイ、会話を楽しみながら陶芸をする人もいます。

もちろん、粘土と会話しながら心静かにろくろを轢いてもOKです。陶に取り組む姿勢に王道などはありませんし、また、才能なども必要ありません。

肩ひじを張らずに日常で使う器を作ってみましょう。そしてでき上ったら作ったら使ってみましょう。使いやすい、使いにくい。こんなもの、あんなものが欲しい。土は・・?釉薬は・・?酸化・還元焼成・・?そこから無限に陶の世界が広がっていきます。

モノが溢れている今の時代、お金を払えば欲しいものが何でも手に入れることができます。ですが、自分で時間とお金をかけて作り上げる作品は体験する時間、出来上がりを待つ時間、そして手元に届いた喜び、日々使い続けることで心が豊かになる瞬間・・・。自分だけの特別な喜びがそこに待っています。

 

【5】昔懐かしい泥遊びにも似た感覚

土に触れる感触は昔の泥遊びを思い出します
Photo by triptimes

陶芸は粘土を使ってろくろで形成していきます。電動ろくろは難しいように感じるかも知れませんが、コツを掴めば大丈夫です。体験した方の中には、「土に触れて癒された」という方もいます。

山の中で深呼吸したり、砂浜を素足で歩いたり・・・自然に触れると元気になれる気がしませんか?陶芸もある種同じことが言えるかも知れません。一度、粘土に触れてみてください。幼少の頃の楽しかった泥んこ遊びの記憶が呼び覚まされるのではないでしょうか?

 

【6】陶芸は「心」を伝える贈り物にもお薦めです

陶芸の楽しみは「作る」「使う」そして「贈る楽しみ」があります。

自分で作った、自分だけの器。形がいびつだったとしても、上手にできなかったとしても・・・。 苦労して作り上げた、世界に一つだけの器です。お世話になった人に、大切なあの人に、心のこもった器を感謝の気持ちをこめて贈ってみてはいかがでしょうか?

 

【7】陶芸体験の流れ

丁寧に指導してもらいながら作品作りにチャレンジしよう
Photo by さいずの窯

1.はじめに、約10分程度の説明・講習があり、その後、40分の制作時間で器を成形していきます。

2.湯のみ・茶碗・小鉢・灰皿・花瓶・一輪挿し・徳利・おちょこ・皿など、作りたいものを自由に作ります。(時間内、粘土使用無制限で何個でも制作可能です)

作り進めるペースも人それぞれ違いますので、作品1個に時間をかけてもいいし、たくさん作るのも自由です。易しい作品から難しい作品へステップアップしていくのが理想です。時間の経過とともに慣れてきます。

3.成形した作品の中から気に入ったもの、欲しいものをご予算に応じて選びます。(何個でもOKです。 ※体験料金とは別に、焼成費がかかります)

4.作陶後、後日高台(台座)削りをし、乾燥させ、 素焼き → 釉掛け → 本焼の順に仕上げていきます。

5.制作した作品は焼き上げて、約2ヶ月後、ご自宅へ配送します。(当日持ち帰ることはできません)

ご自宅で使う時は、直火にかけないでくださいね。オーブンや電子レンジは軽く使う分には大丈夫なようですが、なるべくなら温めた料理や飲み物を移し替えて使った方が良いでしょう。せっかく作った器たちを、大切に扱いましょう。

 

 

【8】陶芸体験を楽しむために気を付けたいこと

・長い髪は束ねるなどしてまとめましょう
・ツメを事前に切っておこう。手のひらから見て爪がみえない程度がおすすめです。店内に爪切りの用意があるので借りることもできます。
・制作した作品は焼き上げると、1~2割程度小さくなりますので、作品は多少大きめに作るのが良いです。
・洋服・靴などに泥がはね汚れてしまう場合もあるので汚れても良いカジュアルな服装がおすすめです。
・貴重品はテーブルなどに放置せず、電動ろくろ席横に保管BOX(無料)を利用しましょう。
・電動ロクロ専門なので、小さなお子様(身長140cm以下)は体験ができません。

 

【9】会員制陶芸教室

体験を重ねて大きな作品作りにもチャレンジしたい
Photo by triptimes

西伊豆、近隣に住んでいる方で、陶芸の技を磨きたい方には会員制の陶芸教室があります。

週1日程度来店し、作陶を楽しみます。堅苦しいカリキュラムはありません。粘土に触れ、心清く・美しく皆で楽しく陶に酔う会です。都合のよい日時で来店し、電動ろくろで自由作陶するコースです。

作った作品の中から気に入った作品を焼き上げます。(別途 焼成費)

作った作品が納得いかなければ、焼成しなくてもかまいません。最初は1ヶ月に1~2個焼く程度で、上手に作品を残せるようになったら、焼成するものを増やしてみましょう!お友達同士でも、おひとりでも気軽に参加できます。

特別なカリキュラムはありませんが、熱意のある方には陶芸の基礎の部分から教えてくれます。技術・知識・情熱が備われば最終的には自分1人で作陶活動ができるところまで極めることも可能です!荒練り・菊練り・芯だし・ろくろ轢き・てびねり・たたら作り・高台付け・釉がけ・釉薬調合・焼成方法・・・などなど 生涯 作陶家を目指すのもありです。

 

【10】編集後記

さいずの窯はご主人お一人でやっているので、少人数、アットホームな雰囲気で陶芸体験が楽しめます。陶芸のことはもちろん、おすすめの観光スポットも教えてもらえるので、気軽に会話を楽しみながら作陶にチャレンジしてみましょう。

さいずの窯近くのお薦めの宿はこちらです。

 

【11】陶芸工房 さいずの窯の詳細情報

電話番号 0558-99-1070
住所 静岡県伊豆市小下田1903-9
営業時間 10:00~17:00
定休日 なし(臨時休業あり)
アクセス
東名高速道路沼津I.Cより国道136号線 、土肥・松崎方面へ 約75分
土肥中心地(土肥金山付近)から行く場合、
恋人岬(堂ヶ島・松崎方面)を目指し136号線を道なりに進みます。
進行方向、右手に工房があります(土肥金山より車で8分)
電車 JR三島駅乗換 伊豆箱根鉄道 修善寺駅下車 バス約65分です
駐車場 8台(無料)
その他 定員8名 ※予約なしでも体験できますが、WEBでの予約された方が優先されます

 

-アミューズメント&体験
-, , , ,

関連記事

アルパカやホワイトタイガーに会える!カピバラに触れる!「伊豆アニマルキングダム」

アルパカ5頭が仲間入りしました Photo by 伊豆アニマルキングダム triptimes編集のSAKURAです。 伊豆でファミリーにお薦めのスポットと言えば、だれに聞いてもベスト3に入ると思います …

オルゴール・パイプオルガンをチャペルで演奏「伊豆高原ステンドグラス美術館・ミッシェルガーデンコート」

五感で癒されるスポットとなっています Photo by 伊豆高原ステンドグラス美術館 伊豆高原ステンドグラス美術館は、海辺にあるステンドグラス専門の美術館です。館内には英国から譲り受けた伝統あるステン …

子供が喜ぶ!シュノーケル・ダイビング・釣り体験にお薦め「八幡野ダイビングセンター」(伊豆)

きれいな伊豆の海の中覗いてみませんか? Photo by 八幡野ダイビングセンター triptimes編集のSAKURAです。 ファンダイビングはもちろんの事シュノーケリング、体験ダイビング、磯釣り、 …

下田観光ならここ!幕末開港の時代の陰に儚く散ったお吉が眠る「宝福寺」

唐人お吉 Photo by triptimes こんにちは!編集部のきらりです。 幕末を背景とした下田であった本当のお話で、アメリカの初の領事館ハリスに仕えた「お吉」を、世間の人々は快く受け入れず、お …

伊豆の海に野生のウミガメが5頭いるって本当?!川奈の海の魅力を探る!

triptimes編集のSAKURAです。 私SAKURAは海が好き、ダイビングが好きで伊豆に移住しました。海でウミガメに会える場所と言えば、海外か近くても沖縄だと思っていました。 それなのになんと、 …