triptimes

現地スタッフによる伊豆の観光情報メディア

アミューズメント&体験

ニッチな趣味の世界が広がるオンリーワンアート!伊豆高原の珍しいアート体験5選!

投稿日:2019年12月17日 更新日:

こんにちは。編集部のきらりです。最近の旅のトレンドに「体験」があります。伊豆にもさまざまな体験がありますが、陶芸やガラス細工はそれぞれ個性がありながら、沢山の工房があります。

今回は、メジャーな体験ではなく、オンリーワンのちょっと珍しい体験をご紹介したいと思います。普段使いの小物や記念になる作品など、家族や友達にちょっと自慢できる体験を集めてみました。

初めての体験からハマり、何度も通って自分の趣味になってしまう・・・なんてこともありそうです。作品作りに集中する時間は、いつもと違う感覚が味わえてリフレッシュにもなりますよ。

 

【1】 鮮やかな色合いが素敵!七宝焼き体験

相模湾を眺める静かでこぢんまりとした「工房やまざき」では、七宝焼き体験ができます。

七宝焼きとは、金属に色を焼き付けることで、さまざまな絵や模様を創り出すことで、日本の伝統工芸技術としても知られています。色鮮やかな仕上がりで、長年、時間が経っても色あせずに美しい状態を保ってくれます。

工房やまざきは気さくで親切な女性オーナーが教えてくれます。キーホルダーやアクセサリー、小皿、小物入れなど様々な作品を作ることができます。

私は不器用なので、小皿に挑戦しました。色とりどりのガラスパーツを選んで小皿に乗せて模様をイメージしていくのですが、この作業が本当に楽しいのです。お茶を頂き、オーナーさんと話をしながらあっという間に1時間くらい経ってしまいました。

仕上げは800℃くらいある電気炉で焼き上げてくれ、その日に仕上がった作品を受け取れます。アクセサリー用のパーツもあるので、ペンダントやピアスなど、その日に身につけて帰る事もできますよ。

私が訪れた日は本当に天気が良くて綺麗に海が見えて癒されました。そして、オーナーさんが家庭菜園で育てているお野菜もお土産に頂いてしまい、その人柄にとっても心が温かくなりましたよ。

 

【2】伊豆の木を使って本格的な器作り

水色のカワイイ外観が目印の「リトルマイスター」。ここでは3種類の体験ができますが、中でもお薦めなのは、木工体験です。伊豆で採れた木を削り、素敵な器を作ることが出来ます。

旋盤と呼ばれる機械に素材となる木をセットして、器になるように削っていくのですが、かなり本格的な体験です。私が体験した時は、均一に削るのが難しく、最初は苦戦しました。ですが、ちょっといびつな形になってもまた味があります。スタッフの方が丁寧に教えてくれて、仕上げも手伝ってくれるのでなんとか形になります。

伊豆の木は数種類用意されていて、加工しやすいようにカットされているので、好みの木の風合いを選んで作ることができます。初めてだと平皿が簡単ですが、慣れてくるとお椀やサラダボウルなど深さのある器が作れるのだそうです。

なお、こちらは機械を使った体験になるので、18歳以上の大人限定の体験です。

お子様や女性の方には、ポーセリンアート(水を付けて貼り付けるだけでできるオリジナルの食器づくり)や、さまざまな石を選んで作るブレスレット制作体験もあるので、そちらをお薦めします。

 

【3】お子様の自由研究におすすめ!化石クリーニング

伊豆高原・大室山の近くにある「伊豆アンモナイト博物館」はアンモナイトをはじめ太古の時代の一端を垣間見ることのできる化石や恐竜のレプリカなどが展示されています。

アンモナイトとは、約4億年前に現れた生き物で、約6,500万年前の中生代白亜紀の末に恐竜たちと共に地球上から絶滅したと言われる、イカやタコに近い生き物(頭足類)でした。カタツムリのような見た目で見ていると独特の美しさがあります。

明るくモダンな館内は、こぢんまりとしていますがアットホームな雰囲気もあり、とても居心地が良いです。

そして、ここでは珍しい化石クリーニングの体験ができます。

化石クリーニングとは、化石が含まれた自然の石を工具を使って削っていき、化石を浮き上がらせることです。体験をしながら、館長さんが、化石がどのようにできるのかなど、丁寧に分かりやすく教えてくれて自分の知識が一つ増やせます。

削った化石はラベルを付けて持ち帰ることができるので、お子様の自由研究にはもってこいのお体験です。

小さな博物館なので、混み合う時はお子様優先で体験をさせてくれるそうです。

 

【4】金属を叩いて形作る鍛金体験

固い金属を叩いて形作る鍛金は、本来、匠のなせる技です。ですが、日々の生活の中に自分で作った作品があったら素敵だと思いませんか?

「仲村鍛金工房」では、そんな鍛金の技術に触れられる体験を行っています。難しそうですが、小学生の高学年くらいから体験できるそうです。

作れるものは、アクセサリー、スプーン、キャンドルスタンド、おろし金などさまざまです。作りたい作品に合わせて素材を選んで、工具を使って叩きながら成型していきます。

熟練のプロの職人さんから直接教えてもらいながら作れる貴重な機会です。できあがった作品はその日に持ち帰ってすぐに使えるのが嬉しいですね。

 

【5】キャンドルアート「レインボーランタン」

伊豆高原の大室山の麓に、海と大島を見下ろすキャンドルアートの小さな工房「庭カフェ」があります。こちら「庭カフェ」でキャンドル制作を体験した時の経験を元にご紹介します。

「庭カフェ」では、カラフルなキャンドルの素材(ワックス)と、丸い型が用意されています。この丸い型は、解けたキャンドルの素材(ワックス)を溶かし込んで固める為の型となります。丸い型は大・中・小の3つのサイズがあります。

<作り方の手順>

⑴初めに型を3つのサイズから選びます。
⑵使用する色のイメージを決めておきます。
⑶初めに器型の底の部分にあたる場所に厚さ1cm程のワックスを
流し込んで固めます。
⑷少量のワックスを器に入れたら、器を回しながら器の壁面にワックスを付着させます。
⑸⑷の繰り返しで壁面を作り上げます。
⑹仕上げはオーナーにお願いします。
作品を型から外して全体的な加工を行ってもらいます。

熱で溶けているキャンドルを、丸い型の中に少しずつ流し込んで、底の部分から徐々にキャンドルの層を塗り固めて作成しますので、少しぐらい失敗しても大丈夫です。リカバリーが効きます。

色は七色のグラデーションを作る事も出来ますし、一色で作り上げる事もできます。ベイシックなデザインは、横縞のストライプができるように塗り上げて行く形ですが、あえてウェーブを付けたり、表面にラメを入れたり、デザインは色々考えられます。

始めはベイシックなデザインを練習して、次に個性的なデザインにチャレンジしてもいいですね。

オーナーご夫妻はとても温かく、楽しいひと時を過ごせます。キャンドルを作成したら、薪ストーブで焼くピザやパンなどお食事を楽しむ事も出来ます。庭にはツリーデッキやハンモックがありますので、伊豆で過ごす休日にお薦めです。

 

【6】編集後記

いかがでしたでしょうか?今回は、伊豆に住んでいる私でも「これは珍しい、お薦め!」と思う体験をご紹介しました。それぞれ、こぢんまりとした工房なので、事前に連絡を入れ、予約をしてから行く事をお薦めします。自分の作った作品を長く、愛着を持って使い続けてみたいですね。

-アミューズメント&体験
-

関連記事

お子様連れファミリーに◎「伊豆高原テディベアミュージアム&テディズガーデン」

伊豆高原で大人気のテディベアミュージアム Photo by triptimes 世界中から集まった「テディベア」を見る事ができる夢溢れる素敵なミュージアムです。テディベアのルーツを知る事もできて、様々 …

「かねふくめんたいパーク伊豆」は見て、遊んで、味わう、明太子専門のテーマパーク

建物の上に大きな明太子のオブジェが目印 Photo by かねふくめんたいパーク伊豆 こんにちは。編集部のきらりです。 伊豆のニュースポット「かねふくめんたいパーク伊豆」は、明太子の製造過程の見学から …

お子様連れの旅に◎伊東で水中観察ができるグラスボート「ゆーみんフック」

 道の駅 伊東マリンタウンで乗船できます Photo by BellCruise 伊豆に行って海を満喫したい!お天気がいいから海へ出てみたい!という方におすすめです。遊覧船ゆーみんフックは、伊東マリン …

楽しくて笑いが止まらない!子供連れ家族旅行にお薦めのスポット12選

イルカを近くで見て大はしゃぎの子供たち 下田海中水族館 Photo by triptimes triptimes編集のSAKURAです。 少し先の春休みやGWは子供と一緒に思いきり遊べる楽しい場所に行 …

中伊豆の大自然の中で優雅な気分が楽しめる中伊豆ワイナリーシャトーT.S

晴れた日は富士山も見られる、大自然を満喫できるスポットです Photo by 中伊豆ワイナリー こんにちは!編集部のきらりです。 伊豆にもワインの産地があるのをご存知ですか?今回は伊豆の真ん中にある中 …