triptimes

現地スタッフによる伊豆の観光情報メディア

アミューズメント&体験

伊豆の海に野生のウミガメが5頭いるって本当?!川奈の海の魅力を探る!

投稿日:2019年12月14日 更新日:

triptimes編集のSAKURAです。
私SAKURAは海が好き、ダイビングが好きで伊豆に移住しました。海でウミガメに会える場所と言えば、海外か近くても沖縄だと思っていました。

それなのになんと、ここ伊豆川奈に、野生のイルカが棲みついているのです。しかも1頭ではありません。5頭です。皆さん信じられますか?私は信じられませんでした。

ウミガメと言うと、沖縄や海外の海へ行かなければ会えないと思いませんか?私もそう思いっていました。伊豆にウミガメが棲みついているのは本当に珍しい事なのです。

数か月前までは2頭しかいなかったウミガメが、2019年夏には5頭に増えたのです!どこから来たのでしょう。不思議です。

自然豊かな川奈の海は伊東の駅から車で10分ほどと便利な場所なのに、豊かな自然がたっぷり残っている場所なのです。ここ川奈のダイビングポイントは初めてシュノーケリングや体験ダイビングをする人にとって、とても潜りやすいポイントです。

 

【1】川奈の海がお薦めの3つの理由

⑴遭遇確率ほぼ100%でウミガメに会えること!

⑵イルカ浜は比較的静かで水質AAのきれいな海です!

⑶伊東から車で10分とアクセスも便利!

 

【2】川奈でウミガメに遭遇!

東京から2〜3時間、伊東駅から10分ほどとアクセスが良い川奈。都会からこんなに近いのに、美しい自然が沢山残っている場所です。2012年の7月から棲み着いている2頭のウミガメと3頭増えて5頭になったウミガメが話題を呼んでいます。

ウミガメが住んでいるのは、ダイビングのエントリーポイントから近い「ビーチポイント」です。なんと水深3〜4㍍の浅場にスージーと、沖合にはナオミと呼ばれる個体の2匹のアオウミガメが棲みついているのです。

自然の生物のことなので、もしかしたらいなくなることもあるかもしれません。なので興味がある方は早く会いに行く事をお薦めします。ボートにも乗らずに野生のウミガメに会えるなんてとってもラッキーです。

 

【3】初心者もカメラ派も楽しめるダイビングポイント

川奈のダイビングスポットはビーチが1カ所、ボートポイントは10カ所以上あります。どちらも人気ですが、ゆっくりと海の中の様子や生物を観察したり、じっくり写真を撮ったりすることができるビーチダイビングが楽しい場所です。

川奈のビーチポイントは港を背にして縦に長く遠浅が続くので、明るい海を楽しむ事ができます。ビギナーが泳ぐ範囲では、平均水深10メートル以内で、のんびりとフィッシュウオッチングが楽しめる海です。

川奈のビーチポイントは、砂地、岩場、ドロップオフなどさまざまな水中環境があるので、様々な生物が生息しています。

カラフルなウミウシや、ダンゴウオ、タツノオトシゴ、カエルアンコウ、ツバメウオ、ネジリンボウ(ハゼ)など、季節によって珍しい生物を見る事ができます。

 

【4】川奈の海は1年中面白い!

全て川奈で見られるおさかなです
Photo by ダイビングサービス jester

<左>ウミタケハゼの仲間
<真ん中上>大人気のダンゴウオ(冬のアイドル)
赤・黄色・緑など色は様々で、水温の低い冬しか見ることはできません。
<真ん中下>ヤドカリ
よく見ると目がとってもキレイですね。赤いボディーに反対色の緑の目が素敵。ストロボを当てるとこんなにキレイ。
<右上>カエルアンコウ
<右下>クマドリカエルアンコウ
海の生物とは思えないユニークなキャラクターでダイバーに大人気!

 

【5】カメラ派にお薦めのダイビングポイント

この写真はすべて伊豆川奈の海で撮影された写真です
Photo by ダイビングサービス jester

<左上>カイメンに棲むカニの仲間
<左下>魚の群れ
<真ん中上>ウミウシの仲間
<真ん中下>ウミウシのたまご
<右上>ウミウシの仲間
<右下>ウミウシの仲間

 

【6】水質AAのキレイな海水「イルカ浜」

川奈の海は透明度も比較的高くキレイ
Photo by triptimes

川奈海水浴場「いるかはま」の隣、砂利で波の静かな美しい浜です。砂利が多い為海水がとてもきれいで人気のビーチです。8月9月も水温が高いのでウエットスーツを着なくても充分温かいです。

 

【7】自然あふれる海でのんびり釣りもできちゃう

空が青い日は海も真っ青に 川奈海岸
Photo by triptimes

川奈で釣れる魚は、ソウダガツオ ・ メジナ ・ メゴチ ・ シロギス ・ カワハギなどです。

長く伸びる白灯堤防は、網干し場になる事もあるので、その時は釣りはできませんが、それ以外は釣りを楽しむ事ができます。ポイントは堤防先端部、外海向きにカゴ釣りや投げ釣りなどで、回遊魚を狙えます。

駐車スペースが少ないので、いるか浜堤防の駐車場の利用をおすすめします。漁業関係者の邪魔にならないように注意しましょう。

 

【8】海神が辿りついた場所

 

洞窟に降りて行く手前には「御船岩」があります。「海神」が乗ってきた船がそのまま岩になった…という伝承があるのだそうです。

窟の最奥部には、姥子神社のお社が祀られています。「豊玉姫命(とよたまひめのみこと)」という「海神」を主神としています。

この「海神」が海を渡ってやってきて、この川奈の浜に辿りついたのです。川奈の漁師たちからの尊崇を受けており、一年の漁の始まりには、ここにお神酒をあげて豊漁を祈っていたそうです。

 

【9】編集後記

伊豆にウミガメが5頭も棲みついているというのは本当に信じられないニュースですね。時には水深2メートルの浅瀬にいるので明るい場所で見られます。是非この機会に体験ダイビングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

9月の海もまだまだ水温は高いので心地よく潜れます。海の中も陸上と同じように四季があって、夏に遭える生物、冬に遭える生物・光景は様々。9月は南からやって来る南洋系のお魚にも会える季節ですからまだまだ海は楽しい!

 

【9】いとう漁協 川奈ダイビングサービスの詳細情報

電話 TEL.0557-45-5608 FAX.0557-45-1496
住所 静岡県伊東市川奈699-2
営業時間 15時00分まで
定休日 なし
アクセス
国道135号線沿いの伊東市魚市場を通過、
海沿いに川奈港方面測道へ入り約5分
電車  IJ伊東駅からバス・又は 伊豆急川奈駅より
駐車場  あり 無料

 

-アミューズメント&体験

関連記事

伊豆高原の別荘地に佇む陶芸工房。優しい白い陶器が魅力の「Mojomojo」

家族、カップル、母娘、皆で楽しい思い出を残してみてはいかがでしょうか。お子様でも楽しく粘土感覚で遊べます。思わぬ雨の日にも陶芸体験はおすすめです。 伊豆高原の別荘地、きらの里の近くに佇むMojomoj …

銀粘土で自由自在なデザインが楽しめるアクセサリー作り体験「銀工房 A&M」

素敵なシルバーアクセサリーを作ろう Photo by triptimes こんにちは。編集部のきらりです。今回ご紹介するのはシルバーアクセサリー作りの体験ができる「A&M」。伊豆高原にある体験 …

トンボ玉・ガラス・アクセサリーなど女子旅にオススメの伊豆のクラフト体験7選!

好きなガラスを選んで作るステンドグラス体験 Photo by triptimes こんにちは、編集部のきらりです。女性同士の気兼ねない旅行では、陶芸やガラス、トンボ玉、食器ペイントなど手作りの楽しさを …

西伊豆で海体験!SUP・体験ダイビング・シュノーケリング・係船釣りは西伊豆「わくわく体験村」で!

triptimes編集SAKURAです。 西伊豆は透明度も高くとても美しい海です。波も低い入り江なので、SUP・体験ダイビングやスノーケリングを初心者でも簡単に楽しめるスポットです。 「伊豆の海あそび …

中伊豆の大自然の中で優雅な気分が楽しめる中伊豆ワイナリーシャトーT.S

晴れた日は富士山も見られる、大自然を満喫できるスポットです Photo by 中伊豆ワイナリー こんにちは!編集部のきらりです。 伊豆にもワインの産地があるのをご存知ですか?今回は伊豆の真ん中にある中 …