グルメ&スイーツ

新たな郷土料理金目鯛の「ひきずり寿司」を食べに西伊豆松崎「味正」へ!

投稿日:2019年11月10日 更新日:

「味正」のこだわり創作料理
Photo by 味正

triptimes編集のSAKURAです。
このブログでは、伊豆半島でとれたての新鮮な魚や伊豆牛等を使ったお寿司、和食が美味しい西伊豆松崎にあるお店をご紹介します。「伊豆御膳」はさざえのつぼ焼き、煮魚、戸田港特産の本海老の天ぷらや地魚のにぎり寿司など、伊豆の味覚を満喫できるメニューがそろっています。西伊豆名物「潮かつお」や、地鶏メニューも人気です。

周辺エリアでお薦めの旅館はこちら↓

【1】「いずたびを見ました」の一言で特典あり

「味正」は、旅館ホテルの客室に設置している観光情報ファイル「いずたび」に掲載されています。

いずたびを見ましたの一言で、食後のデザートが付いてきます!

 

【2】味正がお薦めの3つの理由

⑴鮮度が高い素材を仕入れて使用している

⑵独特の感性でお料理の美味しさを引き出した創作料理が美味しい

⑶金目鯛のしゃぶしゃぶを金目鯛のに付けのタレに一瞬くぐらせたような、フワッと柔らかい食感は最高。それがひきずり寿司です。

 

【3】ひきずり寿司

味正オリジナルの金目鯛料理「引きずり寿司」
Photo by triptimes

その昔、鰹漁の盛んだった西伊豆の田子には、鰹を使用して「すき焼き」のような郷土料理がありました。

カツオの切り身を鍋の底にグツグツ煮える割下のなかに、鍋底を引きずるように焼いたことから「ひきずり」と呼ばれていました。鰹を金目鯛に変えて、郷土料理がヒントとなって『ひきずり寿し』が生まれました。

グツグツと煮える味正特製の割下に、金目鯛を引きずるように潜らせ、シャリに乗せ、お好みで薬味をのせて食べます。

柔らかい金目鯛がしゃぶしゃぶのようなふわっとした食感で、煮付のような濃厚な味わいは、なんとも言えない最高の味です。

このお料理は味正のオリジナルなので、ここでしか食べられません。

 

【4】味正のこだわり

伊豆で獲れる新鮮な地魚や、伊豆牛、西伊豆で採れる黒米、徳島産地鶏「阿波尾鶏」を使用し、本当に美味しいと感じられる食材を厳選して使用しています。

西伊豆特産「潮鰹(しおかつお)」など、伊豆に来たなら一度は食べて欲しい伊豆の郷土料理がそろっています。

駿河湾の新鮮な地魚を使用

新鮮な味が評判!人気のお寿司
Photo by 味正

駿河湾産の魚をはじめ伊豆の地魚を使った海鮮料理は、観光客の方、地元の方など多くの方が、海鮮料理を目当てに味正に足を運んでいます。地魚はお店の水槽に入れているので、常に新鮮に揃えています。

特に観光客の方に人気なお料理は、お寿司や丼もの、ちらし寿司など、地魚たっぷりの魚介が入ったお料理です。伊豆の特産である金目鯛や鯵などの地魚を中心に盛りつけています。

柔らかい高品質の伊豆牛

伊豆半島の真ん中にある大仁・浮橋玄岳をのぞむ盆地にある「ひらい牧場」で生産されているブランド牛です。澄んだ空気、ミネラル豊富で良質な水、自家配合の飼料、そしてたっぷりの愛情をかけて伊豆牛は育てられています。

低脂肪で比較的あっさりとしていて、やわらかく、とても高品質の牛肉です。この大切に育てられた伊豆牛を味正でぜひご堪能下さい。

徳島県の阿波尾鶏(あわおどり)

阿波尾鶏は徳島県の地鶏で、肉色はやや赤みがあり、他の鶏種に比べ旨味成分が多く、身が締まっています。歯ごたえがとても良い鶏肉です。

余分な脂肪が少なくて甘みとコクがあります。味正の鶏料理は全て阿波尾鶏を使用しています。揚物や焼物、叩き、冬場には鍋料理など、どんな料理も一味違うワンランク上の阿波尾鶏の味わいを楽しめます。

「阿波尾鶏」とは、徳島県で古くから飼養されていた赤笹系軍鶏(シャモ)を用いて、畜産研究所が10年以上の歳月をかけて開発された地鶏です。

『阿波尾鶏』はブロイラーと違い、水っぽさがなく、肉の味に「コク」が有り、肉質に弾力が感じられます。ブロイラーと比べて硬いというのではなく「粘り」があり、『阿波尾鶏』の“味・色・香”は「健康食肉」として最高の地鶏と言われています。

肉のうま味成分であるグルタミン酸等の含量が、他の鶏種に比べ多いとの結果が(財)日本冷凍食品協会神戸事務所の分析で出ています。

西伊豆名物の潮鰹(しおかつお)

西伊豆の名産として人気の潮鰹(しおかつお)は、西伊豆の伝統的保存食です。

鰹独特の熟成された味わいと、血合い酸味が旨味を強く強調します。焼いても良し、お茶漬けにして良し、うどんに入れても美味しいので、是非一度ご食べてみて下さい。また食べたいと思う美味しさです。

「潮鰹」とは鰹節の三大名産地の一つ、西伊豆田子地区の古来より伝えられた加工方法食品で、今でも製造されています。西伊豆田子港は、その昔良質のカツオがたくさん水揚げされ、鰹漁で栄えた漁師町です。

田子地区では航海安全と豊漁豊作・子孫繁栄を祈願し、藁でお飾りを作り「しおかつお」を飾りました。「しおかつお」は、縁起の良い食べ物として、お正月の神棚に「正月魚」(しょうがつよ)と言う名前で、お供えされます。

お正月の三が日を過ぎると、神棚からおろして皆に振る舞われる伝統ある西伊豆の「郷土料理」でもあります。その昔は、しおかつおは、田子地区の船員への雇用の証しとして、年の初めに契約の品に使われていました。西伊豆では昔から、身近な食べ物として親しまれて来ました。

しおかつおは、「塩鰹」や「潮鰹」と書かれたりしていますが、内容は同じものです。漢字で記載する時、塩を使うお店と、潮を使うお店があり、古くからは「塩鰹」と書かれてきました。

近年では、ただの塩にした鰹をイメージしてしまう事と、減塩ブームを意識して塩鰹を使わず「潮鰹 しおかつお」とするお店がある為、2つの漢字が使われているようです。「しおかつお」を商標登録するのために潮鰹の漢字を使ていますが、どれも全く同じ物です。

しおかつおを三枚に切って好みの厚さに薄切りしてから、 切り身を焼く「焼き魚」、焼いた物をご飯にのせお茶漬けにする、切り身をお酢で塩抜きし酢の物にするなどがお薦めです。

 

松崎町の名産「黒米」

本物の金目鯛の美味しさを味わえるお店
Photo by 味正

地元松崎町の「ゆう農園」で作っている無農薬で育てられた「黒米」を使用したごはんを定食に添えています。黒米は胃腸を丈夫にして、慢性病や虚弱体質の改善など滋養強壮に効果があると言われています。

「黒米」は古代米の種類で、中国・狭西省漢中地方が発祥です。2000年以上の歴史があります。黒米を発見し広めたのは漢の時代の張騫(ちょうけん)という人物です。

あの世界の三大美女「楊貴妃」も黒米を愛していたのだそうです。日本の米のルーツにもなったとされています。私たちが今食べているお米の先祖なのです。黒米は非常に生命力が高い植物です。黒米の稲穂は1.5メートルにまで成長しますが、栽培中に自然と粒が落下してしまうのであまり多く収穫はできないそうです。

黒米は非常に生命力が強く、土地が良くなくても無農薬、無肥料で育ちます。沖縄のような暑さが厳しい環境でもよく育ちます。干ばつや冷害に対しても強いのです。黒米は玄米の一種です。

薄い紫色に見えるタイプもありますが、5分づきにすると紫米とか紫黒米とも呼ばれます。この色の違いは糖による違いで、精米すれば白に近い色になるのです。つまり、黒米は普段の「玄米」と同じようなものなものなのです。

 

【5】味正の主な人気メニュー

にぎり寿し

おすすめにぎり十貫盛り ¥2500
おすすめにぎり五貫盛り ¥1500
てまり寿し¥1000
海鮮丼
海鮮丼 ¥1800
海鮮漬け丼 ¥1800
海鮮ちらし¥1500
えび天丼¥1000

麺類

塩かつおうどん ¥600
かけ磯打麺 ¥600
ざる磯打麺 ¥600

定食

刺身定食 七点盛り ¥2100
刺身定食 五点盛り ¥1600
刺身定食 三点盛り ¥1100
金目鯛の煮付定食 ¥2100
とろかつ定食 ¥2100
牛ステーキ定食 ¥2100
地鶏の唐揚げ定食 ¥2100
地鶏の塩焼き定食 ¥1100
えび天定食 ¥1000
とろあじ干物定食 ¥1000

 

【6】編集後記

味正オリジナル料理の「金目鯛の引きづり」は、私にとって忘れられない味です。薄く切った金目鯛を、一瞬特製タレにくぐらせるだけなので、その柔らかい食感と味が忘れられません。お寿司に乗せずに、そのまま食べても美味しいです。さらに潮がつおのサラダが美味しかったです。こちらも味正オリジナルのこだわったお料理なので、是非松崎へ行った際には忘れずに食べたいですね。

 

【7】味正の詳細報情

電話 0558-42-2855
住所 静岡県賀茂郡松崎町江奈638-1

営業時間 11:30~14:30 17:00~22:00
定休日 不定休
アクセス
 伊豆中央道 から西伊豆方面へ西海岸沿いを走り 松崎町へ
電車  修善寺または下田よりバス
駐車場 あり

 

-グルメ&スイーツ
-, , , ,

関連記事

クチコミでも人気!勝運来福の願いを込めた伊豆のお土産♪「 饅頭総本山 源楽 修善寺本店」

独鈷の湯、修禅寺のすぐ近く、赤い暖簾が目印 Photo by trip times 「胡麻饅頭」のファンはとても多く、TV取材や芸能人がプライベートで訪れる事も多い。「一度食べたら忘れられない美味しさ …

人気のお土産・スイーツがそろう伊豆のドライブイン&道の駅 お薦め6選

ドライブ旅には欠かせない道の駅やドライブイン Photo by triptimes こんにちは!編集部のきらりです。伊豆在住歴何十年・・・、昔に比べると伊豆もどんどん進化しています。最近では伊豆縦貫道 …

壮大な水墨画・クリスタルピアノ・レストランから望む相模灘と大島は絶景の「崔如琢美術館」(伊豆高原)

崔如琢氏の水墨画は迫力満点 Photo by 崔如琢美術館 力強い迫力と色彩の美しさに感動する崔如琢氏の水墨画は数々のコンテストで高い評価を受けており、特に富士山を描いた作品や蓮の花を描いた水墨画は人 …

世界農業遺産認定「静岡わさび」山葵漬け製造50年の老舗わさび専門店「丸山園」

お刺身には新鮮な本わさびと一緒に美味しく頂く Photo by triptimes triptimes編集のSAKURAです。 伊豆にはキレイな水が湧き出でる山間で山葵が栽培されています。このブログで …

Hawaiianフード&BGMでテンションUP!伊豆でGoToイート対応

triptimes編集のSAKURAです。本日は伊豆高原のオシャレカフェ、定番のケニーズハウスカフェをご紹介します。高校生からファミリーまで幅広い層に人気のカフェです。人気のビーフシチュー、フルーツが …