伊豆高原

海外でも人気!伊豆高原のシンボル的なジオスポット・国の天然記念物「大室山」

投稿日:2018年12月20日 更新日:

約4,000年前、大室山が噴火して溶岩が海へ流れ出しました
Photo by triptimes

器を逆さにしたような美しい曲線の大室山は、伊豆高原のシンボルとして、国内外から訪れる観光客から伊豆高原在住のお子様まで、皆に愛されています。

標高580メートルの山頂に、直径300メートルのすり鉢状の噴火口を持つ休火山で、全山カヤに覆われています。大室山は約4千年前の噴火によって、溶岩のしぶき(スコリア)や火山弾が火口周辺に降り積もって出来た山です。

 

【1】大室山山頂がおすすめの3つの理由

⑴リフトで誰でも気軽に登れる大室山山頂からは、壮大な景色が眺められます!

⑵700年以上もの歴史がある「大室山の山焼き」は伊豆の春を告げる人気イベントです!

⑶2010年8月5日、大室山は単成火山の典型例として国の天然記念物に指定されています!

 

【2】大室山山頂からの眺め熱海~大島方面まで一望

大室山山頂から見下ろす伊東・熱海方面の海
Photo by triptimes

相模湾に浮かぶ大島、伊豆七島、西側には天城連山、北側には富士山、箱根へ続く山々と360度の大パノラマを見渡せます。

噴火口を周回する約1㎞の散策コースは、見渡す限りの絶景と広い空を眺めながら歩ける気持ちのいい散策コースです。

 

【3】黒・若草色・緑・黄金色・大室山の四季

夏の「さくらの里」黄緑一色の芝生が気持ちいい
Photo by triptimes

山焼き後の黒い大室山、春は若草色、そして夏には深緑に変り、秋には一面のススキの銀穂と四季折々の自然を楽しむ事が出来ます。 9月中~下旬頃からススキが見られます。

 

【4】伊豆高原に春を告げるビッグイベント「山焼き」

冬の「さくらの里」一面ベージュ色
Photo by Triptimes

「山焼き」は当初は山の保全と、良質なカヤを育てる為に毎年春先に行われていた行事と言われています。

冬枯れした草に火を着けて山全体を燃やす大イベントで、人数限定ですが山焼きの着火に参加する事も可能です。

山全体を一気に焼き尽くす「山焼き」は、迫力満点です。パチパチと音を立てて枯れ木が燃え上がります。白い煙と赤い火が山全体を覆い、アッという間に大室山は真っ黒になります。寒い季節にもかかわらず、多くの観光客が集まります。

風が強すぎると延期になりますので、開催情報の確認をお薦めします。煙と共に灰が舞ってくる事もあるので、多少汚れても気にならない服を選んで行った方が良いでしょう。ダウンジャケットは、万が一火の粉が風に乗って飛んできた場合、すぐ穴が開いてしまうので避けたいですね。

 

【5】9月~4月まで次々桜が咲く「さくらの里」

10月から約8ヶ月間に渡って、様々な種類の桜が見られます
Photo by triptimes

9月中旬頃より十月桜、12月頃三波川冬桜が咲き始め、寒桜、大寒桜、伊東桜、染井吉野、枝垂桜、八重紅大島桜、大島桜、八重桜など様々な種類の桜が楽しめます。

 

最も桜が多く咲くソメイヨシノ満開の季節には「さくらの里まつり」が開催されます
Photo by triptimes

「公益財団法人日本さくらの会」が認定する桜名所100選に選ばれている名所です。4万㎡に広がる広大な敷地に、約40種類3,000本もの桜の木が植栽されています。

 

【6】これは見逃せない!山頂からの「初日の出」


大島の隣りから昇る初日の出を眺めるスポット

Photo by 大室山リフト

毎年元旦には、初日の出リフトが、朝5:40~7:00まで運行します。山頂でご来光を眺めながら、新年の幸福を祈願できます。まるで飛行機から眺めるような、高い位置からの日の出を、リフト1本で楽しむ事ができます。山頂では甘酒などのサービスもあって、元旦早朝のリフトはとても人気です。

 

【7】伊豆ジオパークのメッカ「大室山」

スコリアラフト
Photo by triptimes

大室山は約4000年前、平地だった土地に噴火が起こり、噴出したスコリア(火山噴出物の一部)が円錐状に降り積もって、そのまま固まってこのような美しい形になったそうです。そして毎年行われる山焼きによって、この形を維持しています。

 

【8】絶景を眺めるなら「大室山リフト」

山頂までのリフトは約6分の空中散策です
Photo by triptimes

大室山山頂へのリフトは毎日運行していますが、天候によって運行を休止している場合もありますので予めチェックする事をお薦めします。

雨上がりの空が青い日は大室山日和です。より一層美しい絶景が眺められて、写真撮影にも最適です。空気が澄み渡る冬の季節、遠く富士山まで眺められる日が多いです。

車椅子の方でもリフトに乗車できますので、スタッフさんに声をかければ手伝ってもらえます。ペット連れの場合は、リードを短くして膝に抱けば乗車できます。

 

【9】大室山頂を一周ウォーキング

 大室山の祭神「浅間神社」

祭神は大山祇神の子女盤長姫命で、富士山頂の祭紀「木花咲耶姫」の姉にあたります。 富士山と大室山は姉妹の関係です。

五智如来地蔵尊

この地蔵尊は今から約300年前、相州岩村(神奈川県足柄下郡)の地頭朝倉清兵衛さんの娘さんが9歳で身ごもり、その安産を大室山浅間神社に祈願したところ、無事安産だったので、お礼に安置したそうです。

『伊豆は日のしたたるところ花蜜柑』

俳人 鷹羽狩行が平成5年4月大室山を訪れた際に詠んだ句を記念して 建てられた碑です。伊豆の自然の明るさと豊かさが、表現されています。

 

【10】カラダにいい素材を集めた「おおむろ軽食堂」

食べ物が美味しく映るよう器は全て、メニューに合わせて、 一つ一つ手作りで作ったものを揃えているというこだわり。

伊東で生まれ育った陶芸工房えんのかま・オーナーならではの、心がこもったおもてなしが楽しめます。お料理の味だけではなく、器も楽しみながら五感で味わえる食堂です。

オーナー手作りの器で頂く健康ごはん「おおむろ軽食堂」
Photo by おおむろ食堂

お出汁は伊東市街の老舗「森田削り節店」で作られた新鮮な削り節のみを使用。提供する海産物は全て伊東市で捕れた品だけを使用しているというこだわりです。

食堂で使用するお野菜の約8割は伊東市で栽培されたものを使用し、形より新鮮さを重視して、地元農家による朝市や自家菜園の無農薬野菜を使用しています。

大室山リフト乗り場
Photo by triptimes
おおむろ軽食堂
電話番号 0557-51-1455
住所 静岡県伊東市富戸1317-5 大室山リフト館1F
営業時間  10:00~16:00
定休日 なし ※悪天候などでリフトが運休時はやむなく閉店

 

【11】編集後記

大室山火口をひと回り散策してお腹がすいたら、体に優しい「おおむろ軽食堂」で美味しいごはんを食べる。大自然で遊んで、大自然の恵みを味わう…そんな理想の休日が過ごせる場所です。

 

【12】大室山リフトの詳細情報

電話 0557-51-0258
住所 静岡県伊東市富戸1317-5
営業時間 3/6-3/15:9:00-16:45
3/16-9/30:9:00-17:15
10/1-3/5:9:00-16:15
元旦:5:40-16:15
料金 大人往復(中学生以上):500円
子供往復(4歳以上)  :250円
団体大人往復(20名以上):450円
団体子供往復(22名以上):220円
定休日 なし ※悪天候時運休
アクセス
熱海方面より
国道135号線グランパルポート前山側へ右折、1つ目の信号を右折、道なりに真っ直ぐ進むと大室山へ到着
伊豆高原駅からおおよそ12分・ 伊東駅からおおよそ30分※カーナビで「大室山」と入力するか、上記住所を入力
電車 伊東駅より『シャボテン公園行き』バス停の目の前が大室山
駐車場 無料 自家用車300台・バス10台

 

-伊豆高原
-, , , , , , , , , , ,

関連記事

日本のレジャーダイビング発祥の地「伊豆海洋公園ダイビングセンター」

モンガラハギ幼魚 海洋公園 Photo by ZENKO 伊豆海洋公園は、東京から電車で2時間15分、車で3時間。首都圏(東京)からこれだけ近い場所にある豊かなダイビングスポットは、世界でもまれで恵ま …

子供が喜ぶ!シュノーケル・ダイビング・釣り体験にお薦め「八幡野ダイビングセンター」(伊豆)

きれいな伊豆の海の中覗いてみませんか? Photo by 八幡野ダイビングセンター ファンダイビングはもちろん、シュノーケリング、体験ダイビング、磯釣り、海辺のBBQまで、海を楽しむ様々なサービスを行 …

伊豆高原の別荘地に佇む陶芸工房。優しい白い陶器が魅力の「Mojomojo」

家族、カップル、母娘、皆で楽しい思い出を残してみてはいかがでしょうか。お子様でも楽しく粘土感覚で遊べます。思わぬ雨の日にも陶芸体験はおすすめです。 伊豆高原の別荘地、きらの里の近くに佇むMojomoj …

三世代に渡って制作された彫刻「象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~」伊豆高原

技繊細な術で作り上げた象牙の美術品に感動します Photo by ジュエルピア 象牙の彫刻120点と世界最大規模の宝石屏風や翡翠の彫刻など、東洋美術工芸品が展示されています。中国美術工芸品の繊細な美し …

ステンドグラス体験「KIRARA」では、最大300種類ものガラスからお好みを選べる!(伊豆高原)

無限のアイディア・デザインが実現できちゃう Photo by KIRARA 鏡やフォトフレームが選べる「写真・ミラー用フレーム」は、最大300種類ものガラスから、お好みのガラスを選ぶ楽しんで、自分のオ …