triptimes

現地スタッフによる伊豆の観光情報メディア

カメラ旅 ファミリー旅行 ペット連れ旅行 体験・アクティビティ 撮影旅行 絶景 西伊豆

田んぼのお花畑・那賀川のソメイヨシノ・海越しに眺める富士山が魅力の西伊豆「松崎」

投稿日:

人力車で懐かしい日本の風情が残る町並みを観光
Photo by 松崎観光協会

triptimes編集のSAKURAです。蔵やなまこ壁が残る日本の温かい風情と海越しに雄大な富士山を望む絶景スポットがある西伊豆松崎をご紹介します。

広大な田んぼを活用した広いお花畑や、那珂川沿いの桜並木も見事です。春3月~4月が見ごろです。

 

【1】4月~GWが見ごろの広大なお花畑

3月~GWまで見頃、どこまでも続くお花畑
Photo by 松崎観光協会

広さ約2万5千平方メートルという広大な田んぼの農閑期を利用したお花畑です。「アフリカキンセンカ」「るりからくさ」「姫金魚草」「つましろひなぎく」「ひなげし」「矢車草」「レンゲソウ」の7種類が咲き誇ります。3月上旬からが見ごろとなります。
 

【2】ゴールデンウイークには花摘み体験もできます

GWにはお花摘み体験もできる松崎のお花畑
Photo by triptimes

2019年より「松崎花畑実行委員会」が民間の有志によって立ち上がり、松崎のお花畑を継続して行こうという動きが始まりました。

一時は継続が危ぶまれたお花畑ですが、クラウドファンディングや事業所・個人から協力金を募り継続することができました。

ゴールデンウイークには、花摘みも楽しめます。ひそかに大人気のイベントです。広大なお花畑のお花を摘み取れるのですから、とてもロマンチックなイベントですね。毎年訪れるお客様も多いほど人気です。

 

ボランティア15名「種をまく人プロジェクト」によるお花畑
Photo by triptimes

「種をまく人プロジェクト」を開催して、ボランティア約150名が集まって種蒔きを行ったそうです。

臨時駐車場を有料化し資金をお花畑の継続に充てる事が決まりました。普通車500円、バス1000円がかかります。西伊豆の春を彩る感動的な絶景、是非継続してほしいと思います。

駐車場代がかかったとしても充分行く価値のある場所です。

 

【3】ハーバリウム制作体験ができます

松崎でハーバリウム制作体験
Photo by 松崎観光協会

松崎のお花を使ったハーバリウム制作体験が楽しめます。松崎観光協会で行われています。時間は約60分と短時間で楽しめます。

体験料金:1800円(税込)
予約:体験希望日の前日17:00までに電話にて要予約
問い合わせ先:松崎観光協会 0558-42-0745

 

【4】海の向こう側の雄大な富士山を望む絶景

雲見から眺める富士山
Photo by 松崎観光協会

大小2つの島はその昔大洪水が起きた時に、牛が流れ着いたという話から、牛着岩と呼ばれて、今でもしめ縄を張って、港と船の安全を祈願しているそうです。岩の向こう側、真正面に眺める富士山はとても雄大です。

【5】国定指定重要文化財 岩科学校

国指定重要文化財 岩科学校
Photo by 松崎観光協会

1880年明治13年に完成したなまこ壁と社寺風の学校は、松崎町の伝統的な建築手法と西洋建築式を取り入れた造りで、木造建築としては伊豆最古の建築物として知られています。

木造2階建ての寄棟造りで、左右対称、外壁はなまこ壁でできています。日本では甲府の旧陸沢学校、松本の旧開智学校などに次いで古い建築として、1975年に国の重要文化財に指定されました。松崎では村内の教育振興熱が高く、校舎建築の為の寄付金が集められて作られました。

正面玄関に掲げられている「岩科学校」の扁額は、太政大臣三条実美(さんじょうさねとみ)の書で、その上の流派、入江長八が「のみ」で彫ったと伝えられています。

 

【6】富士山を望む雲見海岸

雲見から眺める海の向こうの富士山
Photo by 松崎観光協会

雲見海岸から望む富士山はphoto派に人気のポイントです。雲見海岸では毎年無料でサザエ狩りが開催されます。300キロの波打ち際に、約4000個ものサザエを巻くので大人気のイベントです。例年海の日に行われるイベントです。お盆の8月15日には花火大会も行われます。

毎年体育の日には、雲見温泉「海賊料理まつり」が行われます。戦国時代、雲見が北条氏に船や鯨を献上した故事にちなんで行われるイベントです。鯨に見立てた大きなカジキマグロの献上儀式を行った後に解体されます。

 

【7】春の絶景、那賀川沿い6キロの桜並木

那賀川沿いの桜並木
Photo by 松崎観光協会

松崎町の中心を流れる那珂川沿いには、およそ6キロの川沿いに1200本もの桜の木が植えられています。3月下旬から4月上旬にかけてお花見が楽しめます。また夜桜には水面に写る桜の花もとても幻想的です。

松崎ならではの桜並木は、田んぼのお花畑と同時期に楽しむことができます。

 

【8】人力車で日本の風情を楽しむ

人力車で懐かしい日本の風情が残る町並みを観光
Photo by 松崎観光協会
松崎町では7年前まで人力車での観光案内が定期定期に行われていたそうですが、メンバーの高齢化が進み途絶えていたそうですが、島川誠さんが松崎に移住して、人力車伊豆松崎組の人力車を復活しました。

【9】松崎街歩きにお薦めの美術館「伊豆の長八美術館」

1984年(昭和59年)「漆喰鏝絵の殿堂 伊豆の長八美術館」がオープンしました。松崎町出身の入江長八の作品約50点が展示されています。
入江長八は江戸時代に左官の名工として名を上げました。長八は、左官の技術と日本画の狩野派の技法を取り入れた「漆喰鏝絵」という独自の分野を築き、芸術的に高く評価されています。
美術館の建築は全国の有能な左官職人が集まって、伝統技術を生かして作られました。「江戸と21世紀を融合させた建築」として建築界の芥川賞と言われる「吉田五十八賞」を受賞して、世界的な建築物となりました。

【10】日本の歴史にふれる「明治商家 中瀬邸」

中瀬邸は明治20年(1887年)に呉服問屋として財を成した豪商・依田直吉の邸宅(依田直吉呉服店)として建てられました。依田直吉呉服店の屋号が「中瀬」だったため、中瀬邸と呼ばれています。

母屋や土蔵など七棟からなる大邸宅を、1998年(昭和63年)に、松崎町が買い取りました。母屋は民族資料館として一般公開しています。

建物は、木材や細かな彫刻、金物に至るまで贅が尽くされています。当時の豪商の生活の様子を垣間見ることができます。特に母屋内に建てられた蔵の黒漆喰仕上げのなまこ壁は、松崎町の中でここでしか見ることが出来ません。

【11】雄大な大自然を満喫できる絶景スポット「千貫門」

千貫門は、浅間岬の南にある巨岩です。「見る価値が千貫文にも値する」という意味でこの名前が付けられています。岩肌の色と浅瀬の美しい海の色が独特の風情を醸し出しています。
どのようにして穴が開いたのかと思うほどいい形で、絶好の撮影スポットとして人気です。

 

【12】松崎町観光協会の基本情報

電話 0558-42-0745
所在地 静岡県賀茂郡松崎町松崎211
営業時間 8:30-17:00(年中無休)
アクセス 東名沼津I.C./新東名長泉沼津I.C.→松崎(約95分)
※東駿河湾環状道路・伊豆中央道・国道136号線を経由
フェリーでのアクセス 清水港→土肥港 : 駿河湾フェリー 約65分
土肥港→松崎 : バス 約50分(車 約40分)

 

-カメラ旅, ファミリー旅行, ペット連れ旅行, 体験・アクティビティ, 撮影旅行, 絶景, 西伊豆
-, , , , , , , , , , , , ,

関連記事

海に浮かぶ大島一望!客室専用の半露天風呂付き「おやど華瑞季-ハナミズキ-」伊豆高原

大島を望む半露天風呂付き客室 Photo by おやど華瑞季 triptimes編集のSAKURAです。お宿に到着した瞬間息を呑むような絶景に「ここに決めて良かった」と嬉しさがこみ上げる。そんな「おや …

ムーンロード一望露天&貸切風呂など12の湯舟を湯めぐり♪熱川プリンスホテル

大島と海を一望する露天風呂「薫風」Kumpu Photo by atagawaprince triptimes編集部のSAKURAです。「温泉」が恋しい季節、「美肌の湯」と言われる良質温泉をご紹介しま …

お子様連れの旅に◎伊東で水中観察ができるグラスボート「ゆーみんフック」

 道の駅 伊東マリンタウンで乗船できます Photo by BellCruise 伊豆に行って海を満喫したい!お天気がいいから海へ出てみたい!という方におすすめです。遊覧船ゆーみんフックは、伊東マリン …

プロが選ぶ旅館百選総合2位、おもてなし1位の「稲取銀水荘」(2019.12.11発表)

新しい6階フロアー「濤の音」なみのね Photo by 稲取銀水荘 triptimes編集部のSAKURAです。先日2018年にリニューアルオープンした稲取銀水荘に宿泊してきましたので、実際に宿泊して …

知る人ぞ知る、大自然の中で楽しむ体験!中伊豆「大仁瑞泉郷」

春はたくさんの花が咲き誇り、豊かな自然を満喫できます Photo by 大仁瑞泉郷 こんにちは。編集部のきらりです。 子供が小さなうちに、自然の中で思いっきり遊ばせたい、そんな思いをされている親御さん …