triptimes

現地スタッフによる伊豆の観光情報メディア

その他 伊豆全体 カメラ旅

インスタ映えする写真の撮り方とは?!伊豆のスポット&撮影ポイントをご紹介します!

投稿日:2019年7月1日 更新日:

大室山(伊豆高原)
Photo by triptimes

triptimes編集部のSAKURAです。
ブログビギナーさんの為に、伊豆で取材したい場所や抑えたい写真、撮影のポイントをご紹介します。

SNS投稿でいいね!を沢山もらえる写真、インスタ映えする写真が撮影できる場所や撮影方法をお教えします!

現地スタッフの私たちならではの情報をお伝えします。

 

【1】旅行・ブログで伝えたい事

イルカと触れ合える「ドルフィンファンタジー」(伊東)
Photo by ドルフィンファンタジー

・誰と一緒に伊豆へ行きますか?
・伊豆で何をしたいですか?
・どんな旅館・ホテルに宿泊しますか?
・電車または車、何で行きますか?
・ブログは誰にどんなことを伝えたいですか?

特に優先順位が高い目的はどれかを明確にしておくと、後から同じ目的で行こうと考えている人にとって、有益な情報を伝えることができます。

 

【2】旅行前に準備すること・持ち物など

サンドスキー場 田牛浜(とうじはま)(下田) 
Photo by triptimes

伊豆取材旅行に準備しておきたい物

・カメラまたは携帯
カメラはどんなカメラでも大丈夫ですが、旅行中は短い時間の中でタイミングを逃さず撮影したいので、使い慣れているカメラがお薦めです。もちろんスマホでも大丈夫です。それぞれのバッテリーや充電器も忘れずに持って行きましょう。

・三脚
花火・夜桜・トワイライトタイムの撮影を行いたい場合は持って行きましょう。車ならいつも三脚を積んで置く事をお薦めします。

・伊豆の全域マップ
伊豆全体の位置を把握できる紙のMAPが1枚あると便利です。伊豆のドライブインで入手しておく事をお薦めします。

・ポケットのある服装
カメラのキャップを外した際に、サッとポケットに入れられるよう、ポケットのある服装がお薦めです。

・靴
ビーチを歩く為のビーチサンダル、クロックスなどのサンダル系を持って行く事をお薦めします。裸足で歩く場合は、足拭き用のタオルを用意しておきましょう。

 

【3】伊豆で撮影したい映えるスポット

イルカと触れ合い 伊豆・三津シーパラダイス
Photo by 伊豆・三津シーパラダイス

イルカとの感動体験を撮影

イルカに大接近!目の前で見る可愛いイルカと目が合うドキドキ体験シーンを撮影できます。逆光に気をつけて撮影しましょう。朝、太陽を背にして撮影する事をお薦めします。

自然の海に近い環境で生息するイルカとのふれあいシーンは、伊豆ならではのフォトジェニックな写真を撮影できる絶好のスポットです。

伊豆の海でレジャー体験を撮影

弓ヶ浜SUP体験  スタンドアップパドル弓ヶ浜
Photo by  スタンドアップパドル弓ヶ浜

伊豆の自然と共に体験シーンを撮影しましょう。予めいつどのようなタイミングで誰が撮影するかを決めて、準備をしておきましょう。例えば、SUPをお子様が体験する場合、ボードに立てた瞬間はとても嬉しいものですね。「初めて立てたよ!」というシーンを撮影しましょう。

女子旅におすすめのアカオハーブ&ローズガーデン

薔薇の花が咲きそろう6月と10月がお薦めです。お花でいっぱいの夢のようなフラワーガーデンで、高貴なバラの香りを楽しみながら、インスタ映え写真を撮影しましょう。好みの形・色のバラを探す事も楽しめます。

雄大な富士山を背景に皆で記念撮影

富士山を背景に記念写真を撮影したり、雄大な富士山を撮影できるスポットへ、行ってみてください。伊豆の国パノラマパークがお薦めです。特に寒い日は空気が澄んでいて富士山がキレイに見える日が多いです。

北川温泉で満月のムーンロード

日没後月が登り始めた頃、海面に月の明かりで道ができます。黄金色に輝くムーンロードがとてもきれいです。満月の光が夜の伊豆全体を照らして明るいです。伊豆半島の東側で見られますが、ムーンロードが良く見える場所として「北川温泉」が有名です。満月前後3日間ぐらいを目安に計画を立てましょう。

車窓から眺める絶景スポット

伊豆へ移動する際、車でも電車でも必ず海一望の眺めのいい場所があります。伊豆急電車なら、熱川から片瀬周辺は海岸際を走りますので車窓からの眺めは絶景です。車の場合は、赤沢から大川まで海岸沿いを走るので絶景です。

 

【4】旅館で撮影しておきたい写真

高台に佇むおやど華瑞季のお部屋より一望するパノラマ
Photo by 華瑞季

広大な海・夕陽・新緑など客室・客室からの眺め

チェックインしてすぐ、荷物をお部屋の中に入れる前に撮影するとスムーズです。部屋の中だけではなく、お部屋から見える海や山などの眺望も撮影しておきましょう。

新鮮な海の幸が美味しい伊豆のお料理

お料理は1品1品アップで撮影するときれいに撮影出来ます。カメラは料理撮影モードに設定しましょう。ストロボは点けずに自然光で撮影する事をお薦めします。

金目鯛・伊勢海老などの赤い色のお料理と前菜などの色彩豊かなお料理を撮影しておくと、ブログ全体のイメージが良くなります。

開放感と天然温泉を満喫できる大浴場・露天風呂

伊豆には露天風呂から海が眺められる旅館が沢山あります。露天風呂付き客室なら、いつでも自由に撮影できていいですね。パブリックの大浴場・露天風呂の撮影は、人が少ないチェックイン直後などの時間帯を狙いましょう。

【5】心に残る旅行の思い出

伊豆の地元の人達との楽しいコミュニケーション
Photo by 八幡野温泉郷 杜の都 きらの里

伊豆現地のスタッフさんと仲良くなって一緒に写真を撮りましょう。スタッフさんが忙しくない時間を確認して声をかけてみましょう。

撮影した写真をブログに掲載する場合には、ブログに掲載したい旨を伝えて許可をもらっておきましょう。

 

【6】編集後記

私SAKURAの大失敗を一つご紹介します。夕食時美味しそうなお料理を見て、撮影をする前に食べてしまった大失敗があります(泣)。皆さんは私のようなことはないと思いますが、お料理撮影時にはお気を付けください。

旅行記をブログにUPする際に撮影しておきたい事、ポイント等についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。ブログビギナーさんのお役に立てれば光栄です。

-その他 伊豆全体, カメラ旅
-, , , ,

関連記事

カメラ女子にお薦め!ビギナーでも簡単に花を撮影する方法はコレ!

さくらの里(伊豆高原) Photo by triptimes triptimes編集部SAKURAです。 伊豆で撮影したいお花やお花の時期、カメラ女子にお薦めしたいスポット、また初歩的な撮り方のコツな …

ファミリーにおすすめ◎川奈の海にすむウミガメに会いに行こう!

川奈に住みついているウミカメ Photo by ダイビングサービス jester 伊豆で思い切り海を楽しみたい!伊豆ならではの体験をしたい!と探している方にお薦めです。なんとここ伊豆川奈に、ウミガメが …

伊豆旅行でお薦めのアクティビティ!ファミリーで楽しめるシュノーケル体験

ネンブツダイの群れ(川奈) Photo by 川奈ダイビングサービスジェスター triptimes編集部SAKURAです。 「これから伊豆の海に潜ってみたい!」と思っている方により楽しい体験をして頂く …

愛犬と一緒に伊豆の旅行を満喫する方法&お薦めスポット

ペット連れ専用・全室露天風呂付「玉響の風」 Photo by 玉響の風 triptimes編集部SAKURAです。 愛犬と一緒に行くペット連れ旅行、ワンちゃんにとっては長時間車に乗って知らない場所へ行 …

ワンランク上の伊豆の旅館選び。自分にピッタリの選び方ポイント

稲取銀水荘に2018年1月誕生したダイニング Photo by 稲取銀水荘 triptimes編集部のSAKURAです。 伊豆での経験を元に、これから伊豆の旅行を考えている皆様に、伊豆を思い切り楽しん …