その他 伊豆全体 カメラ旅

カメラ女子にお薦め!伊豆の撮影スポット&ビギナー向け撮影ポイント

投稿日:2019年3月7日 更新日:

雨上がりのさくらの里 伊豆高原大室山Photo by triptimes

triptimes編集部のSAKURAです。
伊豆で撮影したい、インスタ映えスポットやビギナー向けの撮影のポイントをご紹介します。カメラが好きで一眼レフを買った方、これから始めたいというビギナーの方にお薦めの情報を集めてみました。

 

【1】一眼レフカメラ VS スマホカメラ

2019年1月1日初日の出 大室山山頂にて
Photo by triptimes

この撮影に付き合ってくれた子供が、サクッとスマホで撮影した写真が一番良かったという結果で、スマホの威力を実感しました。

ですが一眼レフカメラは、1つのシーンでも明るさ、ピントを合わせる微妙な位置など、様々な写真を描く事ができることが面白いところだと思います。

旅行を楽しむカメラ女子の皆様にも、伊豆の魅力や旅行の思い出に残る記念写真など、伊豆での撮影を楽んで欲しいと思います。

 

【2】伊豆旅行で撮影する際にお薦めのレンズ

石を岩の上に投げて乗せる大岩成就 河津七滝温泉郷
Photo by triptimes

これからカメラを購入する方や、レンズに迷っている方にお薦めしたいのは、18mm~105mmのズームレンズです。被写体によって色々なレンズが欲しくなりますが、幅広く対応おできるレンズがお薦めです。

このレンズなら被写体に寄ってレンズを交換することなく、素早く撮影する事ができます。特に旅行先での撮影は、スピーディーに行いたいですし、野外でのレンズを交換は、カメラ内に埃や小さなごみが入ってしまうなどのリスクがある為、交換頻度が少なくてすむレンズがお薦めです。

 

【3】伊豆の旅行で人物を撮影する方法

伊東一碧湖にて撮影
Photo by triptimes

ピントと露出を顔に合わせます

ピントと露出を顔に合わせて、肌がキレイに映るように気をつけてみましょう。室内で撮影するより日中外で撮影する方が、簡単にきれいに撮影する事ができます。

薄曇りの日はチャンス

薄曇りの日は太陽にフィルターをかけているような状態なので、特に撮影しやすいですが、日陰と日向がはっきりいしている日は、陽があたる場所で撮影した方がキレイです。特に顔が陰にならないよう気をつけましょう。

女子を美しく撮影する裏技

白い砂浜やカラフルなお花が咲く場所を背景に、モデルとなる女性に座ってもらいます。斜め上から撮影します。自然にモデルさんは、上を向くので、目を大きく開けて、顎を上げるので、顔が一回り小さくなって顎がシャープでキレイに写ります。

松崎の田んぼを利用したお花畑や下田の白砂ビーチ、さくらの里の芝生などを背景に撮影するとキレイです。

 

【4】伊豆の海での撮影について

海岸にすむカニ 宇佐美海岸
Photo by triptimes

伊豆の真夏の太陽の下での撮影

夏のビーチなど、太陽の下で撮影する場合に気を付けたい事は、モニターが見えない事です。カメラを日よけ傘のようなもので隠さなくてはなりません。または念の為、数値や確度を変えて沢山撮影しておくことをお薦めします。

白砂ビーチでの撮影について

下田方面の砂が白いビーチでは、服装も白に近い明るめの服で撮影した方が全体的なバランスがとりやすく綺麗に撮影出来ます。

白い砂浜にいる人を撮影するためには、白い砂と人の顔に適正な露出を合わせる必要があります。白に近いモノに露出を合わせると黒っぽいものは適正露出からかけ離れた状態になるからです。

お子様の撮影について

お子様とワンちゃんは動きが早いので、シャッタースピードを速くする(S値120以上で)事をお薦めします。一眼レフやコンデジにもお子様撮影モードを活用すると便利です。

幼児~低学年のお子様なら、動物に餌付けをしているシーンの撮影がお薦めです。伊豆シャボテン動物公園と伊豆アニマルキングダムでは、カピバラを始め色々な動物に触れ合う事ができます。

 

【5】伊豆の海を撮影するシャッターチャンス

夏の海・空・雲・初島
Photo by triptimes

朝の日の出

水平線から昇る日の出は、空気が澄んだ冬がチャンスです。夕焼けと同じように、真っ赤な朝陽が眺められるのは秋から冬にかけて撮影できる写真です。

海の色

伊豆の海の色は刻一刻と変わっていますので、色々なチャンスがあります。太陽が低い位置にある時間帯、朝と夕方の方がフォトジェニックな写真になりやすいので、その時間帯は撮影を優先にする事をお薦めします。

海の色は、空の色をそのまま写しています。空が真っ青な日は海も真っ青です。空がピンクがかった時は、海も同じ色になります。

伊豆の真っ青な空に、真っ白な入道雲がでると、海にもそれが写って、真っ青な部分と白っぽい部分のまだら模様になります。

夕陽は西伊豆でしか見られませんが、夕陽が赤い日は東伊豆の空もピンクがかってとても綺麗です。このような景色は真冬に見られます。一番好きな海の色を探して写真に写してみてください。

伊豆の海にかかる虹

雨模様から急に晴れ間が見えた時は、空を見上げて探してみてください。きっと虹が出ています。このような現象は春から秋にかけて起こる可能性が高いです。

真冬の風が強い日には、海面全体に虹ができる現象が見られる時があります。風の強い日に海面に白波が立ちます。すると、海面が霧に覆われたような状態になります。そこに太陽の光が当たって虹ができるのだと思います。

冬の寒く風が強い日に見られる素敵な現象です。この現象は、まだ写真でも見た事がありません。地元の私達しか知らない隠れた海の魅力として、見て欲しい美しい風景です。

 

【6】編集後記

南伊豆石廊崎 石室神社
Photo by triptimes

カメラ女子にお薦めの伊豆の情報をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。書き始めてみたら、伝えたい事が沢山あって1つの記事では書ききれなかったので、2部に分ける事にしました。

他の記事では、伊豆のお花の撮影旅行についてご紹介しています。是非そちらも読んでみてください。

-その他 伊豆全体, カメラ旅
-, , ,

関連記事

世界ジオパークに認定!伊豆の隠れた魅力があふれるジオスポット8選

西伊豆・堂ヶ島の海岸線は自然の雄大さを感じます Photo by triptimes こんにちは、編集部のきらりです! 伊豆半島の原型は、その昔、はるか南の海底の火山でできたことに由来されます。火山活 …

ワンランク上の伊豆の旅館選び。自分にピッタリの選び方ポイント

稲取銀水荘に2018年1月誕生したダイニング Photo by 稲取銀水荘 triptimes編集部のSAKURAです。 伊豆での経験を元に、これから伊豆の旅行を考えている皆様に、伊豆を思い切り楽しん …

海から眺める西伊豆「堂ヶ島遊覧船」。天窓洞など自然が作り出した神秘に感動!

洞窟めぐりの船乗り場。たくさんの船が行き来します Photo by triptimes こんにちは、編集部のきらりです。 今回は、西伊豆のお薦めスポットをご紹介します。風光明媚な西伊豆の旅行を楽しむな …

親子で楽しめる!家族旅行にお薦めの伊豆の体験&アクティビティ

色々な変った自転車でファミリーで遊べる「ぐらんぱる公園」 Photo by ぐらんぱる公園 triptimes編集部SAKURAです。 子供と体験した様々な経験を元に、伊豆旅行を最高に楽しんで頂く為の …

陶芸・トンボ玉・ガラス・アクセサリーなど女子旅にオススメの伊豆のクラフト体験10選

好きなガラスを選んで作るステンドグラス体験 Photo by triptimes こんにちは、編集部のきらりです。女性同士の気兼ねない旅行では、陶芸やガラス、トンボ玉、食器ペイントなど手作りの楽しさを …